総幼研の研修活動

総幼研の研修活動

総幼研では、毎年7月下旬に行われる総合幼児教育研究大会(全国教研大会)をはじめ、園長研修会や、実技研修会など数多くの研修会を、全国各地で実施しています。
共有する理念があるからこその研修展開は、総幼研の持つ大きな魅力のひとつです。

主に一般/主任向け

・実技研修会
総幼研の「実技」の研修会です。とくにカードを使用した活動や暗唱などをはじめとした「日課活動」と、文づくり、もじのカードあそび、チューターなどの「課題活動」を中心として、具体的/実践的な活動の研修を行ないます。

・体育実技研修会
総幼研の大きな柱、体育ローテーションを中心とした、体育実技の研修会です。理念的な研修と具体的な実践を行ないます。

・スキルアップ研修会
教職員をまとめるマネージャーとしての中堅の先生や学年リーダー、一般の先生を対象に、とくに現場レベルで求められる高いスキルの獲得を進めます。実践的なビジネスマナーや時間管理術、コミュニケーション技術などを学びます。

・総合新任研修会
会長による総幼研理念の講演と、総研インストラクター陣による日課活動の実技という、まさに総幼研「基礎の基礎」講座です。

すべての先生向け

・支部公開保育研究会
加盟園の保育の現場を見学できる貴重な機会である公開保育。公開園にとっても、日頃の保育をあらためて見直し、更なるステップアップを図る絶好の機会となっています。

・総合幼児教育研究大会
総合幼児教育研究大会(教研大会)は、年に一度の総幼研最大の研究大会です。前日オプションプログラムの公開保育からはじまり、全体講演、分科会など、充実した内容で開催します。

主に園長先生向け

・総幼研フォーラム(併催・全国公開保育)
教育・園経営に携わる者に重要な、現代社会への知見を深める講演と、恒例の公開保育を組み合わせた総幼研フォーラム。
また、全国公開保育とは、総幼研フォーラム2日目の公開保育等のプログラムを、特別に一般の先生にも開放するものです。

・園長研修会
全国より各園のトップが集まる園長研修会は、恒例の公開保育に加え、トップ・マネジメントスキルの向上に役立つ講演を予定しています。

・海外研修
5年ごとに実施されている海外視察研修。平成20 年度には、総幼研唯一の海外会員園である、シンガポールの「このはな幼稚園」を訪問しました。

次世代の先生向け

・次世代研修
次世代とは、若手園長・次期園後継者・園長親族など、園の経営に関わりの深い若手の先生が主な対象です。この研修の主な運営に関しては、支部ごとに会を組織し、自主的に執り行なわれます。