会のあゆみと運営

▶総幼研の理念と歴史についてはコチラ(日本語版)
▶総幼研の理念と歴史についてはコチラ(英語版)

総合幼児教育研究会のこれまで

総合幼児教育研究会(略称:総幼研)は、新しい教育理念に基づいて保育活動を実践する、全国の幼稚園・保育園・こども園による、自主的な研究組織です。各会員園が互いに切磋琢磨して、ともに高い教育実践に向け、日日の努力を重ねています。
現在、取り組んでいる主な活動は、以下の通りです(詳細をご覧になる場合は、各項目をクリックください)。
▶園長・教員を対象とした研修活動
▶教材や書籍の販売
▶関連出版物の発行
▶その他(会員ネットワークを活用した災害時支援活動など)

定款・規程集

一般社団法人総合幼児教育研究会・定款
一般社団法人総合幼児教育研究会・規程集

総幼研の歴史

現在の会長園であるパドマ幼稚園(大阪市天王寺区)が開園したのが昭和28年。以降、数々の教育実践を重ね、他園・他団体との協調体制を経て、昭和59年に会員園約60園、任意団体としての総合幼児教育研究会がスタートしました。平成30年5月には、一般社団法人に移行し、法人としての活動を開始しました。現在の会員園は全国で約227園です(令和元年10月現在)。

支部のはたらき

総幼研では、全国を4つの支部に分けて会運営を行なっています。会員園はそれぞれ、所在地によって当該支部に所属していただきます。(必須)※海外の園は除きます。
支部は、所属園の先生方の互助的な運営で、実技研修会などの支部主催の研修や、園長会の開催などを通し、近隣園の連携・親睦・情報交換を図ります。
他園の皆様と交流し、学びあう仲間をおつくりいただくことは、園での総幼研の活動を活性化させる上で、大変重要です。とくに所属支部との連携協力は不可欠といえます。趣旨をご理解の上、園の活動と共に、支部の活動にも積極的なご参加・ご協力を賜りますと幸いです。

なお、各支部には支部内で選出されました支部長/支部事務局長がおられます。両先生は、本部役員会に参画していただくと共に、支部の代表として支部運営の中心を担っていただいております。
支部事務局長のご所属園が、支部の事務局となります。支部主催事業の受付などは支部事務局で行われますので、ご確認ください。【支部事務局の詳細はコチラをご覧ください】

会費について

本会の会費には、基本会費・特別会費の他に支部会費がございます。会運営の重要な費用となりますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、基本会費・特別会費と支部会費は払込先が異なります。納付の際にはご注意ください。

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP