ブックレット17号が発刊されました。

総幼研ブックレットは、子育てガイドブックです。
総幼研の考える子どもの発達観をベースに、園での教育理念や実際の活動、また家庭教育のあり方などもお伝えしながら、園とご家庭を「理解」という絆で結ぶために発行されています。
平成16年12月に創刊号である第1号『「つよいあたまが」が育つ総幼研教育』が刊行され、このたび30冊目を迎えました。

今回の17号は、平成29年6月に会長就任されました秋田光彦先生の執筆です。
タイトルは「子どもの語彙力を育む  総幼研教育と読解力」。

メディアでも取り上げられている「語彙」「AI」といった切り口から、「ことば」をテーマに紐解きます。子どもが家庭や園生活を通して言語感覚を身につけていくためには何が必要なのか……。
総幼研園での日々の生活や日課活動で引き出される子どもたちの可能性はもちろんですが、やはり家庭生活での親の心情やまなざし、ふるまいなどが一体となって潜在意識に深く記憶されるということを忘れてはならないということを本書は気づかせてくれます。

ぜひ、ご一読いただければ幸いです。

※なお、総幼研ブックレットは当会の会員園の職員、保護者さま向けの発行物です。
当会会員園に年2回頒布の出版物ですので、予めご了承ください。

既刊ブックレット一覧はコチラからご覧ください。

関連記事一覧

Pick UP

コラム・レポート

  1. 2018.01.6

    謹賀新年
PAGE TOP