カルチャー

第2回 〈からだ〉と〈ことば〉の 対話のために。

『「こつ」と「スランプ」の研究身体知の認知科学』 諏訪正樹著 講談社選書メチエ刊

デカルトが物体と精神とを別個のものとして区別したように、しばしば私たちは、物体である〈からだ〉と精神のあらわれである〈ことば〉は別個のものと思いがちである。優れたスポーツ選手や武道家らがもつ身体知は、ことばで表すことのできない神秘的な知とされ、一方で哲学者や科学者らの高尚な思考は身体性を一切伴わない論理的な知として扱われ る。慶應義塾大学教授の著者が身体知について記した本書は、このようなデカルト的二元論、つまり〈からだ〉と〈ことば〉のどちらかに傾いてしまうことを注意深く退けていく。

身体知を育むために著者が提唱する「からだメタ認知」は、方法としては非常にシンプルだ。私たちの身体が環境と接することで生じる体感、たとえば坂道を歩いているときの体感を逐一言語化するよう癖づけ、他者とシェアするのである。足首にかかる「くわっ」とした感覚、ふくらはぎに生じる「ずしん」とした緊張感といったように。「くわっ」や「ずしん」はオノマトペ的ではあるが、このように言語化することではじめて、私たちは「くわっ」と「ずしん」が異なる体感であることを理解する。それは体感と言語を紐付けることで、自らの身体に対する感性を少しずつ研ぎ澄ませていく過程と呼べるだろう。〈からだ〉と〈ことば〉は切り離すべきではなく、身体知の獲得のためには両者の共創が欠かせない。

「身体知にことばは不要である」という偏見は根強い。ある実験によるとプロゴルファーは素人に比べて、自分がどのようにショットを打っているのか、説明する際の言語量が非常に少ないという。しかし、シャフト部分を変形させた「奇形パター」を使ってパットを行わせると、状況は一変する。プロゴルファーの言語量は著しく増加し、戸惑うばかりの素人を完全に凌駕してしまうのだ。つまり激変する環境に対して、プロゴルファーは言語による解釈を通じて、身体の使い方を修正することができる。身体知にとって、ことばは決して価値のない不要物ではなく、むしろ言語化できなくなるレベルまでことばとの結びつきを鍛え上げるべきなのである。

かつてスポーツ教育の世界では「ことばになどしない方がいい/ことばは邪魔になる」という理由で反復練習が流行ったという。次の記述は、総幼研教育にとって特に興味深い。「スポ根的な考え方は『身体が主』の考え方です。しかし、体感だけでからだを御せるほど、身体知の学びは易しくありません。反復練習には『やり方』があるのです。からだメタ認知のメソッドは、模索や工夫をしながら反復練習を継続する手法なのです」

秋田光彦

第1回 「勉強」を哲学する。
教師の役割とは何かを問う。

「勉強の哲学 来るべきバカのために」 千葉雅也著 文藝春秋刊

新進気鋭の哲学者、立命館大学准教授の著書による勉強論である。著者の専門は、ジル・ドゥルーズを中心とするフランス現代思想であるが、マニアックになりがちな思想のエッセンスが、この本では平易に昇華されている。

本書の関心は「これまでの自分に新しい知識やスキルが付け加わる勉強」ではなく、それまでの自分を根本から喪失してしまうような「深い」勉強、「自己破壊としての勉強」にある。環境のコード、つまり私たちがなんとなく「こうするもんだ」と思っている空気に対して距離を取ることで、これまでとは別の自分に返信することへの誘いなのである。

何らかの環境に属しながら、同時にそこに距離を取るために、重要なのが「言語」である。例としてあげられるのは、言語の「玩具的」使用だ。その気になれば、私たちは「リンゴはクジラだ」「丸い四角形だ」などと、人前で意味をなさない発言をすることもできる。これらは、目的をもって意味を伝える「道具的」な言語使用とは異なり、たんにそういうためにいっている「玩具的」な言語使用である。ことばをことばそのものとして扱う「玩具的」な言語使用の割合を増やすことで、環境の外部=可能性の空間を開くことができるのではないか。著者はそう考える。

周りの「こうするもんだ」という環境に、上記の言語観をふまえて、そもそもの前提にツッコミを入れたり、話題をすり替えるボケをかましたりする。そうして別の可能性をたくさん考えるということが、「小賢しく口ばっかりになる」こと、「キモい人になる」ことである。

この段階は通る必要があるが、ただしここにとどまっていては無限に小賢しくなってしまう。それが行き着く先は、自分の真理をそのまま世界の真理とみなす「決断主義」である。更なる段階にうつるには、勉強をある程度のところで「まあこんなもんか」と有限化し、仮固定する必要があるのだ。その際に、一人ひとりの「享楽的こだわり」、要するに理由もなくこだわってしまう「バカな部分」を足場にすることがたいせつだとして、自らがどういう人生を送り、何にこだわってきたかを示す「欲望年表」の作成が勧められている。

これら独特の原理論をもとに、最後の第4章では、勉強を有限化し継続するための具体的な技術が紹介される。入門書との取り組み方、原典引用と自分の思考との区別、アプリ「Evernote」「アウトライナー」の使用など、独立して読んでも有益なノウハウが詰まっている。補足だが、教師についての言及はこうだ。

「教師は、まずは『このくらいでいい』という勉強の有限化をしてくれる存在である」。人間誰しも不完全で有限的な存在であるが、私たち教育者こそ、魅力ある有限化を生きたいと願う。

秋田光彦

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP