総合幼児教育研究会について

私たちが未来を託す、無限の可能性にあふれた子どもたち。
いつもたくましく、いきいきと躍動する元気な<からだ>。
人の話を集中して聞き、自分で考えて行動できる<あたま>。
そして誰とでもやさしい気持ちで接し、コミュニケーションできる<こころ>。

-社会の価値観や地域・家庭の環境が急速に変化しつづける現代、
だからこそ、そんな人間としての「根っこの力」をたいせつに、
そしてゆたかに育みたい。
単なる体育運動や知識獲得の教育を超えて、
人間の基礎基本を育てる。それが、総幼研教育のエッセンスです。

子どもたちは毎日の園生活の中で、自然に多くのことを身につけていきます。
やさしい先生やたくさんの元気な仲間たちとの、交流や協働を通して、
人間としてだいじな共同感覚を養います。
みんなと生きる。みんなと響きあう。
そんな「人」と「場」と「関係」が織り成す環境こそ、
子どもたちの育ちをもっともゆたかに育む舞台であると、私たちは考えます。
豊かな環境の中で互いに学びあい、自らの力で、ともに育つ。
総幼研が目指す、子どもたちの真の育ちが、そこにあります。

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP