総幼研の教育活動

動き・ことば・リズム 教育実践(Q&A)

動き・ことば・リズム
人間が人間として、よりよく生きていくために、総幼研教育のたいせつな3つのエッセンス

動き:ゆたかな環境を設定し、意思ある身体を育む。

朝いちばんからいきいきと躍動する総幼研の子どもたちの動きは、一つひとつきびきびとしてとても気持ちよく見えます。小さな身体にあふれるエネルギーを存分に燃焼させる多彩な活動が、全身を心地よく刺激して幼児の総合的な発達を育みます。ゆたかな環境を通して意欲と集中力みなぎる身体を育て、子どもの主体性の気づきを開きます。

ことば:あそびの体験を通して、言語感覚を育てる。

<ことば>こそ人間性の基盤。総幼研の子どもたちは、古今の名詩やことわざ、漢詩さえも楽しく暗唱し、いきいきと音読しています。先人から引き継がれた日本語が持つ、一級のリズムや響きを楽しみながら、五感全てを使って吸収していく。「意味がわかる」ためでなく、「あそび」ながら幼児のゆたかな言語感覚を育てます。

リズム:心地よい生活リズムを身体に刻む。

総幼研の子どもは、音楽をはじめ絵画・文章といった多様な表現活動を積み重ねています。発声や合唱の経験は、狭義の音楽活動にとどめるものではなく、子どもどうしの共同愛や他者とのコミュニケーションを培うもの。全ての活動が心地よい生活リズムを織りなし、幼児の身体の深部に元気や躍動感を育みます。

教育実践(Q&A)

総幼研の教育活動は、脳力を育むダイナミックな創造経験。どの子もいきいきと意欲をもってこの教育に取り組んでいます。しかし、これまでの常識から見れば、この特長ある教育は時として疑問が生まれることもあります。
総幼研のエッセンスは、まず誤解なく、その理念と方法を理解して頂くこと。ここでは比較的よく寄せられるご質問お答えしながら、総幼研の考え方についてわかりやすくご紹介します。
(さらに詳しくは、関連図書などをご参照下さい。)

Q1 総幼研の園では先生とひとりの子どもとのかかわりが、希薄になるように思われますが?

子どもと先生のゆたかな信頼関係!

先生と子どものコミュニケーションは、けっして一対一で行われるだけではありません。むしろ、コミュニケーションの基礎となる信頼関係は、お互いの心地よい緊張感あふれる日課活動において育てられるもの。

集団でかかわりあうがゆえに、快適なリズムやテンポ、活力といったものが高まってゆきます。

そこで養われたコミュニケーションの密度は、さらに高くなって、たとえば自由あそびの時間、先生はつとめて多くの子ども一人ひとりにことばを交わす、といった配慮をなされています。

もちろん、何かの課題活動中も、たとえばプリントや日記などの際に、個人の発達度や心理状態などを敏感にキャッチすることもできます。先生と子どもの関係は、要は信頼関係。総幼研で育まれた信頼の絆は、その子にとって、生涯を貫く人間性への信頼へとつながっていきます。

Q2 幼児期に知的な教育を行っても、小学校へいけばあまり差がなくなってしまうのでは?

深広の根っこを育む総幼研教育!

総幼研教育の目的は、けっして「できる・わかる」ではありません。あくまでそれは結果のひとつであって、できる・わかるといういわば知識や技能を身に付けるためでなく、本性としての感覚強化、すなわち人間性そのものの教育を目指しています。子どもができる、わかる、ということにこだわるのは、子ども当人ではなく、私たち周りの大人の先入観です。その大人の評価が、できる子をうぬぼれさせ、できない子を卑下させるのです。

私たち総幼研の教育は、できる・できないという枝葉を見るのでなく、将来美しい花を咲かせるであろう、太い根っこの育ちにつながる基礎教育に精進しているのです。

Q3 幼児期には、もっと自由なあそびの体験が必要ではないですか?

幼児のあそびこそ、人間のよろこび!

一般に、子どもにとってあそびがたいせつだとされているわけは、あそびによって子ども自身が自己表現のよろこびを体感し、自らの行動をよりよき方向へ自発的に変えていくという発達が保証されているからです。ですから、あそびは戸外で、自由に、というような限界があってはなりません。

「幼い子どもたちは、自由のびのびでなければ自発的に喜んで行動しないのではないか」というような大人の固定観念が、逆に幼児のあそびの本質を見誤らせているといえましょう。

子どものあそびは「自由奔放で野放図であること」ではありません。むしろ、子どもたちの主体的かかわりということに力点を置けば、総幼研のあらゆる教育活動、生活習慣、全てがあそびのよろこびにあふれています。幼児のあそびとは、人間であることのよろこびに他なりません。

Q4 総幼研では、家庭におけるしつけ教育はどのように考えていますか。

しつづけて、人間を育てることが、子育ての基本。

生活習慣のしつけとは、文字通り「しつづける」、生活を通して習い慣れるということでもあります。それには親の日常の生活様式や態度が、大きな模範となるでしょう。「習う」とは真似る、くり返して行う、熟練するという意味が、また「慣れる」とは珍しくなくなる、ほどよくなる、上達するという意味があります。継続は力であり、子育てもまずすべからく真似て、くり返して、継続して行うこと。これが幼児教育の人間形成を目指す第一の課題です。総幼研もまったく同じ原理です。

この原理は、いわゆる幼児の「学習」についても、まったく同じであって、目的は人間形成そのもので、文字が書ける、計算ができるというような「早期教育」とはまったく次元が異なるものであることをよくご理解ください。

子育ての基本は、いわゆる学習活動も含め「しつけの原理」、すなわちくり返しと親子の結びつきの原理にあります。

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP