近畿会場 体育実技研修会の開催が終了

7月6日(土)大阪府パドマ幼稚園にて、支部主催事業の近畿会場・体育実技研修会が開催されました。

◆支部参加人数:22園73名(2,3歳児クラス31名、4,5歳児クラス42名)
◆開会式のご挨拶:寺田陽一先生(認定子ども園 源氏ヶ丘幼稚園・園長)
◆閉会式のご挨拶:秋田光彦先生(パドマ幼稚園・園長)
◆2,3歳児クラス講師:伊藤梨香先生(パドマ幼稚園・体育講師)
◆4,5歳児クラス講師:日昔尚雄先生(パドマ幼稚園・体育講師)

本研修会は年齢に特化した「総幼研体育理念」「力を引き出す基本的な補助法」を学びます。
開会式のご挨拶でも、寺田先生から、日々の子どもたちの体育ローテーションが「流れ作業にならないように」、技術と理論を身につけましょう、というお話がありました。

午前中は座学、午後は実技を通して、
技術面と精神面の両方のポイントを学びます。

★2,3歳児クラスの様子
子どもたちの心の成長に目を向けるたいせつさも紐解かれる伊藤先生。
活動全てのつながりや育ちを複合的に考えることが重要。体育活動を通して身につけた自信が日々の保育へと好影響を!もちろん、日々の保育で培ったものが、体育活動にも。

★4,5歳児クラスの様子
子どもたちが、取り組みたい、たのしいと思える環境づくりについてお話しされる日昔先生。
子どもたちの力をさらに伸ばせるように、どのようにいっしょに取り組むのか。先生自身が担当した種目、活動の前で『お店屋さん』のように子どもたちを、惹き込んでいくやり方。また、子どもたちのヒーローとしての魅せ方とは。

盛沢山の学びがあった1日。今回の研修会にて令和元年度の体育実技研修会、4会場が終了いたしました。
開催にあたりご協力をいただきました開催園ならびに参加園の先生方に深くお礼申し上げます。

ありがとうございました。

関連記事一覧

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP