新たな発見の場として、実技研修会③終了(11月15日)

さらなる深化へむけて学ぶ

実技研3写真

 平成26年度「総幼研実技研修会③」が10月18日から11月15日にかけて全国4支部で開催されました。今回は総勢66園181名(北関東支部22園54名、関東支部9園29名、近畿支部18園56名、九州支部17園42名)の先生方にご参加いただきました。

 本研修会は、0・1・2歳を受け持つ先生方を主な対象として、年齢ごとの発達段階に沿った保育の進め方やかかわり方や、知・情・体の調和のとれた教育環境とはどのようなものかを学びあう場としていただきました。

 参加された先生方は、手先、指先を使ってあそぶ教材や円独自の手作りおもちゃを持ち寄り、グループセッションの中で、他園の先生と積極的に情報交換をされていました。自園での活動をさらに良いものへと深化させようとする姿がとても印象的でした。

 実技研修会③は、10月18日の北関東支部を皮切りに、関東、近畿、九州を巡回して、今年度は終了。榎本和代先生、濱田智峰先生、岡田都世子先生の総幼研インストラクターからご指導いただきました。

 なお、今年度の実技研修会は、これですべて終了となります。たくさんの先生方にご参加いただきありがとうございました。

関連記事一覧

Pick UP

コラム・レポート

  1. 2021.01.6

    年始のご挨拶
  2. 2020.12.25

    年末のご挨拶
PAGE TOP