詩集1・2・3

導入時期

子どもたちが教材をたいせつに扱うことができるようになればいつでも。

内容・使い方

年少・年中・年長の区別はあくまで目安ですので、クラスの状況によって使い分けてください。挿絵などは入っておらず、難読字以外は漢字ルビ無し。
・年少向け=1「ねんどあそび」「いいこと」「トマト」「ありのおうち」等、全16編
・年中向け=2「みんなきょうだい」「くつのいえ(西条八十)」「秋のうた」等、全13編
・年長向け=3「道程(高村光太郎)」「雨にもまけず(宮沢賢治)」等、全10編

先行体験として暗唱の活動等で、少し取り入れておくとよいでしょう。何もわからないで渡してしまうより、日課の中でふれていることで、子どもたちも読める気になっているので興味を持ちやすいと思います。みんなで声をそろえる楽しさ、詩文にあるリズムの心地よさ、先生が文をなぞっていく様子などを、子どもたちが感じ取ることができるよう、先生自身も意識しておきましょう。現場に導入するまでに園内で読み合わせをしておくのもたいせつです。

価格は教材料金表をご確認ください(コチラをクリックしてください)
一般 購入不可。*詩集1、2、3ともに同じ価格です

詩集1には、やさしくあたたかいイメージの詩が多く、低年齢の子どもたちにもピッタリです。2、3を扱う頃には、詩の内容も深みが増し、声にも勢いが出てきます。心も身体も大きくなっていく子どもたちの成長も同時に楽しむことができます。

インストラクターより

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP