ソルフェージュ1・2

導入時期

おおむね年中くらいから。クラスの状況によっては年少でも。

内容・使い方

4〜8小節の短いメロディーラインの楽譜が掲載されています。
1)音域はド〜ソ。全36フレーズ。
2)音域はド〜ド。全41フレーズ。

詩集などと同様に、読譜をしていきます。まずは音程をつけずに楽譜のリズム奏からはじめ、リズムが十分取れるようになってきたら、音階をつけて階名で歌っていく、といったように、段階を踏んでいくと無理がないでしょう。

ある程度歌えるようになってきたら、2から4曲つなげてみましょう。その際、先生が伴奏を作って弾いてあげると……ちょっとしたコンサートみたい。いつもと違う雰囲気に、子どもたちの目も輝きを増します!

インストラクターより

Pick UP

コラム・レポート

PAGE TOP